不改其楽

記憶が甦りました。

先日、幼稚園の園歌を覚えているとブログに書いたら、突然、すっかり忘れていた泉大津市立穴師小学校の校歌も思い出しました。


「楠の大木に風薫る
穴師の森に集い来て
明日の日本を担うべく…

(以下、不明)

栄えあらん」

確か、こんな歌詞だったような。


古い学校だったらしく、大仰な印象の歌詞です。


大阪の後の鹿児島、高松は、私も大人になってきて、学校生活に対して真剣ではなくなり、且つ、転校などで馴染みのないままに卒業したりしたため、在籍当時も覚えていませんでした。


だから思い出しようもありません…。


私は、子供の頃から転校を繰り返していたため、あまり懐かしさを求めません。


でも、幼い頃の記憶が蘇ると、懐かしい想いがします。


特に、何の記憶がある訳でもなく、非常に断片的な遠い記憶です。
スポンサーサイト

オオクワガタについて

週末は、オオクワガタの餌の交換をしてあげました。


どうも生き物大好きパンダです。


なんとか暖かくなる前に幼虫の餌の交換をやってあげないと…ってずっと思いながらも出来ないでいたんです。



この写真も好きな人はたまらないでしょうが、嫌いな人には…



単なる「虫」
みたいな
みたいな…



なぜこんなに焦ってやりたかったかというと、オオクワガタの幼虫は、冬眠はしないのですが、暖かくなると餌をよく食べるようになるので、その前に栄養たっぷりの菌糸か、もしくは良質の発酵させたクヌギを食べさせてあげることによって優良な個体を作り上げられると言われているからなんです。



そして、もう一つは栄養が不足して、かつ気温が上がって来ると、「早く大人にならなければならない!」という遺伝子が働いて、蛹化のスイッチが入ってしまうので、どうしても小粒な個体になりがちのためなんです。


自然界で、身を守るためにも、種の保存のためにも、早く成虫になって、固い鎧を纏い、自由に移動できる羽根を得たいのだと思います。


そのため、最適な環境を保ってあげれば、立派な個体になる可能性が高いようです。


種の保存といえば、どうやらオオクワガタは雄と雌を比べると、雄が圧倒的に少ないようです。


大きな雄の個体を育てるために皆、一喜一憂しているのですが、雄が少ないのが悩みの種です。



これも種の保存のためだと思います。


写真はよく分からないと思いますが、大きいのが雄、小さいのが雌です。



オオクワガタの理解を深めるために書くつもりが、まるっきり虫マニアな文章になってしまいましたので、今日はこの辺で。



これ、やっぱ、ひきます?

今夜の夕食

今夜の夕食は、こんな感じです。


苺を食後に食べようと思いましたが、ギブ…
:

モンブラン

どうも久々に登場のモンブラン評論家のパンダです。


三鷹にある菓子厨房:レヴェでモンブランを頂きました。


すべて無添加、自家製造とのことです。


上は生クリームがたっぷりで下は、皮つきのマロンとカスタードクリームになっています。


しかもパイ生地で土台が作られているので、軽い食感です。


このお店のキャッチフレーズ通り、「透明感のある、やさしい甘さ」です。

新作発表!

どーも。パン好きパンダです。


ホームベーカリーをずうっと妻の実家に「試しに使ってみたい!」との理由から借りて、はや一年…。


「いくらなんでも長く借りすぎやろ」ってな訳で、近所の電気屋へGo!!


…のつもりが通りがかりの新築マンションのモデルルーム見学に吸い寄せられるようにフラフラっと寄り道。


マンションは買わないんですが…


すごい素敵なマンションでみとれること一時間。


電気屋では、ほんの数分で、即購入。


自転車のカゴに入らないので、ヨロヨロ持って帰りました。(しかもマンションギャラリーでもらったパンフレットが異常に立派で荷物になっちゃいました…)


早速、早焼きコースにて焼きました(焼いてもらいました。)。



焼き上がって、取り出そうと、何時ものように、渾身の力で、振り回そうと下を向けたら、スポッとパン抜けちゃいました!


改良されたのか、前の機種が古くなっていたためか分かりませんが、超楽チン。

早焼きでもこんなに綺麗に焼き上がりました。


因みに写真では分かりませんが、今回はレーズンとクルミを入れてもらいました。

FC2Ad