不改其楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダ理事長

上野動物園のパンダがメキシコに帰り、キッコロとモリゾーは森へ帰ってしまいました…


どうもパンダ理事長です。


私、この度、マンションの理事長に選任されてしまいました…


え~ん、えんえん、ヒック、ヒック…(泣き疲れてしゃっくり出てしまいました。)


先日のマンションの総会で突然、理事長候補に名前を挙げられており、「おいおいおいおい~っ!コラコラ~ッ!これは総会に出席しないと勝手にならされたりしちゃうんじゃないの?」ってな訳で、ノコノコと総会に出かけて行ってみました…。



そしたら、理事長候補が私を含めて四人だったのですが、一人は中国の方で、日本語もまだあまり上手ではないとのことで総会にも来ていませんでした。


ということで、残るは私を含めて三人…


ところが、私以外の二人は、奥さんが代理で出席しており、「本人がちょっと今日は来ていないので…。いえ、とにかく出来る限りのお手伝いはさせて頂きますので!」と頑なに固辞…


そこで管理会社の方が一言。

「まあご本人様がいらっしゃっているのが、パンダ様だけでいらっしゃいますから…」と。



…完璧にハメられました…(泣)


私も「いえいえいえいえいえいえ~、引っ越したばかりで、理事長なんて、とんでもございませんですぅ~ウルウル」と必死に訴えてみましたが、無駄な抵抗。

とき、既に遅し。

万事休す。

ジ・エンド。


という事で、パンダ理事長と相成りました。



どうか皆様、新しい理事長を温かい目で見守ってあげて下さい。


ここにまたひとつ悲劇が生まれました…(号泣)

スポンサーサイト

ハワイのよもやま話(ガンジー編)

ホノルル動物園の隣の公園を散歩していると、マハトマ・ガンジーのブロンズ像が建っています。


…多分、マハトマ・ガンジーだと思います。


何故、ハワイにマハトマ・ガンジーなのか…


ガンジーがハワイに行ったことがあるのか、そもそもガンジー似の人なのかがよく分かりません。

ハワイのよもやま話(光と影)

ハワイで前回、行った時に、タクシーの運転手さんが、結婚式を終えて、「やれやれ、ひと段落だ」と思っていたら、あれやこれや話し始めて、その運転手さんは訳ありで日本を逃れるように来たらしく、ハワイはお金を貯めて遊びに来るにはいいけど、住んで働くのは厳しい所だという話を散々、聞かされました。

…やれやれ



その事も頭の片隅にあったんですが、大体に於いて街で清掃をしているのは現地の人かアジア系の人たちです。

またレストランやホテルでお客さんと直接、接するような仕事をしているのはアングロサクソン系の人たちが圧倒的に多いのに対して、後片付けやベッドメイクをするのは、やはり現地の人かアジア系の人たちがほとんどのようです。


例外はたくさん有るのでしょうが、過酷な現実が垣間見えます。

虫けらのような人生

先日、セミが私の家のベランダに飛び込んできました。


人生においても時折、羽根を手に入れる者がいます。


それまでは閉ざされた世界で安寧と生きてきたのに、羽根を手にした瞬間に、あらゆる外界の危険に身を晒すことになってしまいます。



それが自由を手にするということです。

街路樹のプラタナスの枯れ葉や蝉の亡骸が風にカラカラと舞う様を見ていると、私はいつももの哀しさが胸をよぎります。


運命に抗う姿も心を打ちますが、自然に従って生きることも素晴らしいことだと私は思います。


昔の私は、より強いプレッシャーを受けることこそ人間の成長に必要で、成長しなければならないような強迫観念に捕われていたような気がします。



今も基本的にはその通りだと思います。

でも、やりたいか、やりたくないかということも考慮すべきだと感じるようになりました。

自分の気持ちを偽ってまでやらなければならないことなんて、そんなにたくさんはないような気がしています。


その一方でやりたい事の為にやりたくない事も時として耐えなければなりません。

その精神の均衡を保つことは、とても大切ですが、とても難しい事です。


私はいつもこの命題を前に立ち尽くしています。

築土神社祭礼にて想ふ

今日は御輿を担いできました!


御輿を担いでいると何か独特の力につき動かされているような不思議な感覚に捕われます。


普段、都会のビルの片隅で一日中パソコンをイジッてる引きこもり生活の私ですが、たまにはこういう日があっても良い気がします。


最近、ちょっと心配事とかあって、クサクサしていたので、ちょっぴりですが、気分が晴れました!

御輿を担いでみたい人は沢山いると思いますが、実際に担ぐ人は少ないものです。


それは総てに於いて言えることで、やれば出来ると思ってもやらない人もたくさんいます。

また、やりたいことがあってもやらない人もたくさんいます。


行きたい所があっても「お金がない」「時間がない」と言って行かない人もいっぱいいます。


そうやって自分に言い訳をすることが大人になることだと思っている人がいます。


「いい歳をして」やったって別に私は良いと思うし、そういう人は、若い頃も、お金持ちになっても、暇があっても何も出来なかったし、そしてこれからも何も出来ないでしょう。


それはともかく「そいやっ!せやっ!」って声を張りすぎて喉が痛いですぅ…

ううっ…ケホケホ

サツキとメイの家

万博でサツキとメイの家が抽選で当たったので、行ってきました。


私たち夫婦は残念ながらジブラー(筆者註:ジブリの映画をよく見ている人)では無いので、「まあ当たったら行ってみっか。」っていう程度だったんです…

(ジブラーの方ごめんなさい。)


メインの会場からちょっと離れたところに佇んでいて、緑も多く、素敵な雰囲気でした。


他には予約出来た所が無かったので、待たないで入れそうな所を中心に回りました。


マンモスも見たかったんですが、行列を見て挫折。


見た中ではアフリカ共同館が、アフリカ物産展みたいな作りになっていて、見ていてとても楽しかったです。

-----

今夜の夕食

今夜は栗ご飯とサンマなどでした。

私は好き嫌いがあまり無いので、何でも美味しくいただきますが、こういう季節を感じる食事をすると、「やっぱり日本人だなぁ~」って感じます。

ヒツマブシ

意外に名古屋の地下街はお店が閉まるのが早かったので万博から戻って来てみると、お店が閉まり始めていました。


にわか雨も降ってきたので、ホテル内でヒツマブシを頂きました。

次の日は朝からせっかくなので名古屋城も見ときました!

今夜のシチュー

今夜の夕食は鮭のクリームシチューです。


鮭の身がシチューとよく合います。

秋も通りすぎて、最近では肌寒いくらいなので、こういう食べ物が美味しく感じます。

間違えました…

お昼はラオス館はお弁当だったので、カンボジア館でロティーチャナイを食べたんでした。


これから愛知万博に行こうとしているっていう方、「そんなん売っとらんがや~!」ってなことになってしまわないように一応、お詫びして訂正致します。

ラオス館にて

お昼はラオス館でロティーチャナイを食べました。


なかなかスパイシーでおいしかったです。


ただこれもリニモ同様、30分待ちで並んで買って食べたら3分みたいな…
みたいな…

リニモ待ち…

愛知万博に向かっています。


なんかぐにゃぐにゃ歩き回されています。


「混雑緩和の為の迂回路」だそうな…



リニモ乗るまで30分。

乗って3分…


…微妙。

ハワイのよもやま話(不機嫌な人編)

今回は旅行中に二回ほど不機嫌な人を見かけました。


成田空港でまさに飛行機に乗り込もうとしている時に、あるお父さんが自動販売機でお茶を買って、お母さんから怒られていました。


「飲むと思ったから、せっかく家から持ってきたのに!ブリブリ」


お父さんもその台詞に頭に來たらしく、持ってきたというお茶をヤケクソで飲み干して、ごみ箱に叩き付けるように捨てていました。


他にも旅行中に、ひどく不機嫌な女のひとがいて、ブリブリしてました。


トロリーに乗って、運転手に乗り方を注意されても、まるっきり無視して一人でブリブリ怒っているようでした。


せっかく楽しく旅行しているのに、そういう人を見かけるのは興冷めです。


怒りをあまり溜め込む事も良くないかも知れませんが、良識のない振舞を見ると考えさせられてしまいます。


そう言えば、話は変わりますが会社の帰り道に学習塾があるのですが、歩道や時には車道にまで自転車を停めているのを見ると、学校の勉強を学ぶ前に身に付けるべきことがあるように感じます。


自分のことしか考えられない子たちが、良識も身に付けることなく下手に勉強が出来たりすると、知識の使い方を誤る危険があります。


今回は、そんなことも、ちょっぴり考えさせられた旅行でした。
(ま、99%は脳天気に遊んでいたんですが…)

ハワイのよもやま話(チップ編

ベッドの枕元には$1置くとか、何%かは料金に上乗せして渡すとか、いちいちよく分かりません。

「もし大きい$札しかなかった場合、お釣りくれなかったどうしよう…」とか、「『ちっ。日本人はケチだな、こんなちょっとしかチップくれないのかよ!』って思われてたらどうしよう…」と小心者の私は、結構ドキドキしてしまいます。

でも大体において、ハワイではチップが含まれているかどうかが分かるようになっているようです。

またチップボックスのように任意にしたり、料金に予め含んでいたり様々ですが、比較的分かりやすくしてあります。


まあ考えようによっては、日本でもサービス料などという、分かったような分からないような名目が書かれてある場合もありますので同じようなものがない訳ではないのですが…


要は良いサービスをしてくれたことに対する感謝の気持ちから始まったことなのでしょうが、形骸化もしているようです。


その辺りは、向こうの人たちも認識出来ているようで、チップを個人で受け取るのではなく、レジやチップボックスにいったん集めているようでした。



ハワイのよもやま話(体重計編)

何処に行っても、ちょっとした場所に、コイン式の体重計が置いてあります。(写真)


他にも日本では有るのかも知れませんが、私は見たことのない物がありました。
それは、大きな洗濯機のようなもので、中に入って水圧をかけるマッサージ機らしきものです。


コイン式のマッサージチェアもあちらこちらに置かれてあります。


水圧式のマッサージは結構、人気があるようで、アラモアナでもDFSギャラリアでも使っている人を見かけました。

気持ち良いのかなぁ~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。