不改其楽

昔のブログを少しずつ移行してこようと思っています。

こんにちは。ゆあパンダです。

2005年頃に書いていたブログのテキストデータが、外付けハードディスクを整理していたら、ありましたので、少しfc2ブログに移行しようかなと考えています。

相当、骨太な文章もあって、自分自身でも、驚いています。
スポンサーサイト

【読書メモ】捨てる英語、拾う英語

こんにちは。ゆあパンダです。少し本を読んだもののメモを残しておこうかと思っています。
捨てる英語、拾う英語(井上大輔)を読みました。

彼のiphoneでの英語勉強法を書いた本は以前、読んだことがあったのですが、彼の勉強も、真面目なんだけど、続けることの大切さをメインに据えているので、かなりボリュームのある勉強をしているのですが、ど根性でやり抜くというスタイルではなく、淡々と勉強し続けるために、どのようにとらえるべきかという視点で書かれているように感じました。

勉強法の本ばかり読んでないで、英語の勉強しろっていう話なのですが、私は、学生の頃から、とにかく理屈を学ぶのが好きで、筋トレの本を水泳部の部室でねっ転がって読んでいて、「サボってばかりいないで、トレーニングしろっ!!」って、先輩からよく怒られていました。

人の本質って、大人になっても、変わらないものですね。
でも、人って変われる面もあります。

【読書メモ】英語は「そこそこ」できればいい!

英語は「そこそこ」できればいい!(斎藤孝)を読みました。

斎藤先生の本を読むと、見た目の優しそうな印象とは異なり、なかなか厳しい先生だなと思いました。

そこそこやれば良いというレベルが、国際会議の司会までは出来るようにならなくても良いっていうのが、なかなかのレベルなのですが、勉強方法は、真面目な感じで、私の好きなタイプの勉強法でした。

単語を覚えて、たくさん読んで、たくさん聞く。そして、話す内容は知的で。っていうところが、私の好きなところです。

私の求める英語というのは、端的に言うと、「多少、ぎこちなくても、正確に自分の意思を伝えられる、そして、相手の言っている意図を正確に把握できる。」ということなのかなと思います。

水草を久しぶりにトリミング!


こんにちは。ゆあパンダです。
ちょっと気分転換で、今日は水草をトリミングしました。

有茎草も、今までたくさん植えてきましたが、最近、バッサリ整理して、流木のミクロソリウムとクリプトコリネを中心にして、ほとんど管理することなく、自然な水景を維持出来るようになりました。

もう少し色々なクリプトコリネを植えてみたいと思っています。

流木をズラすと、レッドビーも大量に繁殖していました。


日本語は難しい?

今日の日経新聞の夕刊に、リービ英雄さんが、「日本の言語や文化は特殊で外国人が理解しにくいというのは誤解。日本文化には普遍性がある。」と書いていました。

この記事を見て、私は、「日本語は難しい。」と考えているのは、日本人のプライドみたいなものかもしれないと、感じました。

また、それとは反対に、「英語は、論理的な言語だから、優しい。」というのも、欧米のある種のプライドが働いているのかもしれないと感じました。

どのような言語にも、難しい面と簡単な面とがあると思います。

直島に行ってみました。


こんにちは。
連日の猛暑で、バテ気味です。
と言いながら、せっかくなので、船で直島に行ってきました。
瀬戸内の島々は、私の中での原風景のひとつです。
瀬戸内海に点在する島自体が美しいのですが、最近は、直島は芸術の島のようなプロモーションをしているようで、とても賑わっていて、驚きました。
外国からの観光客もたくさんいました。

でも、とにかく暑過ぎて、少し、外を歩いても、ヘトヘトになってしまいました。


かまどの宇治金時



こんばんは。ゆあパンダです。
今日、帰省で香川県に来ました。東京の暑さも相当なものですが、香川県が、これまた、並の暑さじゃない‥‥。

実は、私はとても暑さに弱くて、今年の暑さは、辛いです。

ということで、今日は高松市に到着してすぐ、「かまど」というお菓子屋で、宇治金時を頂きました。
濃厚な抹茶と餡が良く合います。また、氷も、口溶けが良くて、とても美味しかったです。

英語の話題ではありませんが、とても美味しかったので、こういうのも、たまには良いかなと思って、書いてみました。


2013年7月の学習時間

こんにちは。ゆあパンダです。早いもので、もう7月も終了です。少し気持ちも新たに、9月のTOEICに向けて勉強をします。

新入社員が全社の研修を終えて、8月になって配属されてきました。4人のうち、2人は外国人でしたが、2人ともマルチリンガルで、日本語もほぼ完璧に理解しており、最近の新入社員の語学力の高さに、驚かされました。

もちろん語学力だけではなく、専門性も身につけて入ってくる訳で、そういう若者たちと競争しなければならないというのは。。。

挨拶も立派で、一人の子が「今までは、自分のために努力をしてきましたが、これからは、会社のために努力をしていきたいと思っています。No pain,No gain.の志で臨んでいく覚悟でいますので、その姿勢を見てもらいたいと思います。」と挨拶していたのが、印象的でした。

私は、大学出たての頃、日本語の挨拶もろくに出来ずに、「えっと、えーっと、あのー、あのー。」みたいなレベルだったことを思えば、ものすごい差を感じました。

2013.07 61:40
---------------
Total 1,204:10

60時間(1日約2時間)が、仕事がある程度、忙しくてもペースを保てるレベルのような気がしています。
その中で、どこまで集中して、勉強ができているかが重要なのですが。。。

FC2Ad